去年初めて生活に困ってキャッシングをしました

私は去年の5月に会社を解雇になり就活をしていました。解雇されて半年が経ったころに貯金が底を尽きました。

 

私はそれまでは、まだ大丈夫だと安易に考えていましたが実際にそういう場面に直面しないと本当に大変な事だと実感しませんでした。

 

私はまだ新しい職場も見つかっていないのに収入はどうしようと思ったのですが、クレジットカードを持っていることに気付きました。

 

私はすぐにATMに行き10万円をキャッシングしました。私は友人に仕事の事を相談したのですが、その友人が仕事を紹介してくれて今も何とか続いています。

 

キャッシングするまでに仕事を見つければ良かったのですが、私がたるんでいたのでこのような結果になりました。

 

それ以来はまだキャッシングをしていません。これからは自分に必要な場面があればまたキャッシングをしようと思っています。

いざというときのキャッシング

いくら節約しても急な出費というのは突然やってきます。子供の部活動で使うものや頻繁にある酒の席。車の修理代、忘年会新年会など出費が一気に重なるときがあります。

 

これらがすべて重なってしまうとさすがに家計が苦しくなります。こんな時のためにキャッシングを利用しようかなと考えています。どうしても現金が必要というときがありないと困るときがあります。

 

お金を借りることには抵抗を持っていましたが、ギャンブルなどに使わない限り計画的に利用すれば非常に便利だと思います。

 

うまく利用すればかなり生活に幅が生まれるのではないかと思います。毎月という事ではないので重なるのは年に数回なのでいざというときのためにキャッシングのカードを一枚作ろうと思います。
オリックス銀行 カードローン

2014/11/04 11:46:04 |

デートの前にキャッシングを使っています

私はデートの前に前もってキャッシングでお金を借りて、懐を温めて置いています。

今はデートの支払を割り勘にするカップルも多いですが、考えが古い私としては、今でもデート代は男が持つものだと思っています。
ですからデートの前にキャッシングでお金を借りて置いて、彼女に良い所を見せたいと思っているのです。
デート中にお金が無くなって、彼女に支払ってもらうと言う事は、私にはとてもできないのです。
またデート中にATMからお金をおろすと言うのもかっこが悪いと思っています。
ですからデート中に現金が足りなくなって恥をかかないように、キャッシングで事前にお金を借りておくのです。

 

キャッシングをするポイントとは

 キャッシングは様々な目的で使えるために、今後の生活に活かせるように考えて使うと効果的です。お金を一時的に借りれるために緊急時などにも役に立つために、今後の生活を見直すきっかけとして使えることがメリットです。

キャッシングを利用して緊急時などに役に立つために、目的を考えると有意義な方法です。金銭感覚を麻痺しないように心がける必要があり、収支のバランスを考えてから正しい使い方を決めると効果的です。
キャッシングをするには今後の生活につながるように考えることであり、必要以上に使わないことがポイントです。お金を借りるには自分に責任を持って目的を考える必要があり、必要以上にお金を借りないよう気を付けることが重要です。 
おまとめローン審査 緩くて通りやすいのは